北海道富良野からニンジン・玉ねぎ・じゃがいもなどの新鮮野菜をお届け!
ネット通販も行っており、野菜の事なら「北印」までお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら TEL0167-23-3116

北印の野菜作り

おいしさと健康をプロデュース

私たちは生きている大地をつくり、  「おいしさ」と「健康」をプロデュースします。

北印は、富良野、帯広、北見を拠点とする北海道野菜の卸売り商社です。昭和39年の創立以来、風味豊かで栄養価の高い本物野菜を求め続けてきました。

近年、日本の農業は、化学肥料や農薬の多用で「おいしい野菜」を育てるための「地力」を失いつつあります。また安価な輸入農産物に押されて自給率も年々減少傾向にあり、こうした課題に今後どのように対応して行くのか、国内農業は今まさに正念場を迎えていると言って良いでしょう。

  • 輸作体系を守ることによって地力を維持し、連作障害の出ない畑作りをする
  • 良質な推肥を畑に還元し、微生物が元気に働く「生きている土づくり」を推進する
  • 化学肥料・農薬の使用を極力控える
  • トレーサビリティーに対応し、「生産者の顔が見える」安心で安全な野菜作りを行う

以上の事柄を重点対策として掲げ、安全で栄養価の高い「本物野菜」を、全国の食卓に届けるべく頑張っているのです。

「生きている土から、おいしい野菜」

北印は未来へ広がる可能性の大地・北海道を、そんな思いを込めて、これ
からもたくましく開墾して行きます。

確かな管理体制

生産から流通まで確かな管理体制を推進。 「援農労働力の確保も、北印の重要な仕事です。」

北印では土づくりに不可欠な完熟堆肥を本州や道内の養鶏施設から買い付け、各農家の庭先に輸送、供給することに加え、6名のベテラン担当者による栽培技術・品種選定のアドバイスや、援農労働力の確保など、農家を陰で支える体制作りにも力を注いでいます。

とりわけ農家の負担が大きい労働力の確保に重点を置き、近郊市町村から季節従業員を約200名雇用。たまねぎの定植、にんじんの間引きと収穫、ばれいしょの収穫作業など、大勢の人手を必要とする作業時にローテーションを組んで、契約農家を回っています。

「よりよい野菜を、よりよい品質で保管・出荷。」

北印が集荷した、にんじん・たまねぎ・ばれいしょは北印の選果場で箱詰めされ、市場に出荷されます。

北印のメイン商品であるにんじんは、7月下旬から11月初旬まで、富良野・南富良野・帯広にある3カ所の選果場で洗浄~選別~箱詰めまで行い、たまねぎ・ばれいしょは富良野・北見の倉庫で保管、9月から翌年の3月までかかって順次出荷されます。
保管期間の長いたまねぎ・ばれいしょに関しては、鮮度保持に留意し、滋味・風味豊かなもっともおいしい状態を保つように、保存方法の研究も進めています。

また、高品質の野菜を常に安定した品質で出荷するため、機械化が進んだ現在でも、選果選別は必ず人の目、人の手を通して厳しくチェック。不良品の発生をできるだけ抑えるよう努力しています。

「北の大地から全国の食卓へ。」

当社自慢の農作物を、畑で穫れた鮮度を損なうことなく、全国の食卓に届けたい。そんな思いから、北印では宅配業務も行っています。

5月中旬のグリーンアスパラガスを皮切りに、7月中旬~メロン、9月~ばれいしょ・かぼちゃ、10月~たまねぎ、とれたての味覚をずっしり箱詰めにして、全国の家庭に直送します。

一度食べた方の中には、その味の違いに驚き、以来リピーターとなって毎年のように注文を下さる方も少なくありません。

「付加価値を高める自社加工に挑戦。」

青果の卸売りに加え、北印では道産野菜の二次加工にも取り組んでいます。当社の関連会社「北印フーズ」ではたまねぎ・にんじんなどのフレークやパウダーを製造、大手食品メーカーに出荷しています。

現在、外国製品との間で厳しい価格競争を強いられていますが、当社はあくまでも品質で勝負。輸入農産物が農薬残留問題で揺れる中、年々その取扱量を拡大してきているのです。

栄養価の高い野菜作り

400件の契約農家とともに、  よりおいしく、より栄養価の高い野菜作り。 「本物野菜は”生きている土”から生まれます」

土に生まれた命が、やがて土に帰り、次の命のための栄養源に生まれ変わる。
農業も、本来はこの自然のサイクルを最大限に利用するものでした。作物という恵みをもらったお礼として、有機物(堆肥や緑肥)を畑に還元。土中の微生物がこれを分解し、養分に作り替えてくれる。畑は自ら肥沃なエネルギーを蓄え、その養分を十分に吸収した野菜は、高い栄養価と、滋味・風味をもった素晴らしいものに育つのです。

残念なことに、現代農業は利便性を追求するあまり、化学肥料や農薬に頼りすぎ、大切な土づくりをおろそかにしてきました。これでは微生物が十分に生息できず、畑は命を育て上げるための養分と生気、つまり「地力」を維持できなくなってしまいます。
野菜が本来持つうまみや香り、栄養価を高めるためには、まず何よりも畑を自然に返すこと。有機分や微生物の多い、「生きている土づくり」をすることが大切なのです。

「農家とともに畑の質を改善。健康な大地を広げています。」

北印は、土づくりの先進地である宮崎県や鹿児島県に学び、本州や道内の養鶏施設と契約、良質の発酵鶏糞堆肥を大量に供給できるルートを確立。意欲的な農家とともに「生きている土づくり」を開始しました。

栽培は農家に一任するのではなく、当社の担当者が生育状況をチェック、栽培技術のデータ作成や指導に当たり、繁忙期には労働力も提供。確かな援農体制の中で、契約農家とともに「土づくり農園ブランド」を確立すべく、本物野菜の生産に取り組んでいます。

また栽培地区も、富良野から北見、十勝地方など全道へと拡大。作物の生育に最も適した圃場・気候条件の農地を選定し、適地適作による野菜の高品質化を推進しています。

「生産者の顔が見える野菜作りをすすめています。」

私たちは、個々の農家に「農薬の使用記録(トレーサビリティー)」をつけるよう依頼、農産物の集荷とともにその用紙を回収して保管。誰がどのような方法で作ったかが即座にわかるようにデータベース化を図っています。

北印はこれからも、消費者のみなさんが安心して食べられる「顔の見える野菜づくり」を推進して行きます。

スマートフォンサイトへ
Copyright (C) 2014 kitajirushi. All Rights Reserved.